無垢フローリングに
ついて考える

ec_floring1150

裸足に優しい
無垢フローリング


 自然素材の家に暮らす人が、その良さをあげるとしたら、無垢フローリングの気持ちよさをまずあげるでしょう。無垢材の肌触りを文字や写真でお伝えするのは非常に難しく、何より体験することが一番わかりやすいのですが、ここでは合板フローリングとの比較で、無垢材の気持ちよさをお伝えしようと思います。

 無垢フローリングの表面はサラッとしていて、冬に裸足で歩いても、合板フローリングに比べてヒヤッとしません。その差は、表面のコーティングの違いと、空気の含有量によって生まれます。
合板フローリングの多くは、耐水性や耐摩耗性を高めるために、ウレタン樹脂塗装がされていてツルツルした硬質な表面になっています。
一方、無垢フローリングの多くは木の質感を損なわないよう、桐油や天然系オイルステインなど、浸透する性質の保護材で仕上げられるため、自然の木のやさしい質感が残っているのです。

 また、合板は接着剤で圧着されているため、同じ板厚でも、無垢材と比べて空気の含有量が少なく、断熱性能が劣ります。そのため、特に冬はヒヤッとした感触が強く感じられるのです。

flooring_ill_03

調湿効果の高い無垢フローリング

 無垢フローリングは、じめじめした夏にも効果を発揮します。無垢材は湿度の高い夏は湿気を吸収し、乾燥する冬には湿気を放出して、お部屋の湿度を調節してくれます。そのため、夏は湿度が下がるため体感気温が下がり、冬は乾燥しすぎないため静電気の発生を抑えてくれる働きがあります。
 湿度によって膨張・収縮をするため、以前は床暖房には対応していない製品が多かったため、床暖房対応に関しては合板フローリングの方が便利でしたが、最近は、高い圧力をかけて成形された床暖房対応の無垢フローリングも製品化されているので、選択のバリエーションが増えてきています。

実は傷にも強い無垢フローリング

 一般的に無垢フローリングは傷に弱いと言われていますが、耐久性という意味では、実は合板フローリングより強いのです。
合板フローリングは、普及品では表面材の厚さはわずか0.3mm程度、高級品でも2〜3mm程度の厚さで、ウレタン樹脂塗装のお陰でスリキズには強いのですが、物を落とすなど、深い傷がついたときは下地の合板材が見えてしまうため修復ができません。
一方、無垢フローリングは少々の傷がついても、へこむだけで下地が見えてしまうような見栄えの悪さはありません。
材質や傷の状態にもよりますが、杉や檜などでは、傷がついた後に水を含ませると元に戻る場合も。
万一汚れてしまった時も、表面を削れば新品の状態に戻るので、合板フローリングに比べて耐久性はずっと高いといえるでしょう。