自然素材の壁材
について考える

珪藻土

壁は家の皮膚。
室内環境を整える自然素材の壁


室内構成するのは床と壁と天井。そのうち最も広い面積を占めるのが壁と天井の仕上げ材です。
1980〜90年代に、住宅業界ではシックハウス症候群が大きな問題になりました。建材から放出されるホルムアルデヒドなどの化学物質が原因で、頭痛や呼吸器疾患などの重篤な症状が出る恐ろしい病気。その原因となる化学物質の放出元の主要原因は、合板や壁紙の接着に使われた接着剤や塗料だといわれています。
2003年に建築基準法が改正されてから、建材のホルムアルヒド発散量の規制が定められ、当時に比べて安全な建材が使われるようになりましたが、建材が健康に及ぼす影響が大きいという事実は変わっていません。

壁の仕上げ材を自然素材にすることで、有害物質を放散させないだけでなく、驚くべきことに、材質によっては空気中の有害物質を吸着・分解する効果もあるのです。

sickhouse

環境浄化のカギは、自然が作った微細な孔

 自然素材に消臭や調湿、そして化学物質の吸着作用があるのは、原料にナノサイズ(100万分の1mm)の微細な孔があるため。浄水器などに使われる活性炭と同じ多孔性によって、空気中の化学物質やニオイ物質を捉えるフィルターの役割を果たし、室内の空気環境を清浄にしてくれるのです。さらに、光触媒作用によって、ホルムアルデヒドなどの有害物質を分解する力も持っています。
また、このナノサイズの孔は、吸湿した湿気を微細化し、抗酸化作用を持った湿気として室内に放出します。自然素材の壁は、単なる調湿作用だけでなく、活性酸素を中和して健康的な空気を生み出す、驚異的なパワーを持っているのです。

試験方法 : 5ℓのテドラーバッグに10×10㎝のホタテ漆喰を入れ、所定濃度に調整した測定対象ガスを3ℓ挿入し、所定時間後のガス濃度を検知管により測定。■出典:有限会社多摩建材工業「ホタテ漆喰壁パンフレット」より

試験方法 : 5ℓのテドラーバッグに10×10㎝のホタテ漆喰を入れ、所定濃度に調整した測定対象ガスを3ℓ挿入し、所定時間後のガス濃度を検知管により測定。■出典:有限会社多摩建材工業「ホタテ漆喰壁パンフレット」より